ニュース

石黒 かおり

―「和」との出会いと「和」への思い
神戸で着付教室を開校している石黒かおり(旧姓:上野山)さん。
母の影響で幼少の頃より普段から着物を着ている機会に恵まれました。
お宮参り、七五三、成人式、結婚式と、多くの節目のときには、常に大好きな着物を着ていました。
そんな中でも、私の大切な「和」は、母と記念で撮りためたそれぞれの年代の記念写真が、今の私の大切な宝物です。
―日常生活の中での「和」との係わり
すばらしい着物を、もっともっとより多くの方に着て頂きたいと、今神戸で着付教室を開校しております。
―和文化を守っていく為に自分自身が出来ること
将来は目標とする母に少しでも近づけるよう、そして、憧れである祖母のように着物を愛し、これからも毎日着物で過ごしたいと思っています。

PAGE TOP